スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

おかえりなさい

またまたお久しぶりになってしまいましたねっ
忙しかったり、若干体調不良だったり・・・心の中のモヤモヤと戦っていたり(?)なかなかブログに向かうことができませんでした。


すっかり遅くなってしまったけど・・・

仁くん、おかえりなさい!

この日を迎えることができて、本当に本当に嬉しいよ。

復帰会見で逢えた仁くんは、少しシャープになっていて顔のラインもほっそりとしていたけれど、反対にその表情はとても穏やかなのが印象的でした。そしてその柔らかさの中に凛としたオーラをまとっていて、この半年間が仁くんにとってすごく意味のある時間であったことを感じさせてくれました。

仁くんの留学が発表された時はこのブログをお休みしていて、この件に関しての私の想いは文章として残っていませんが・・・

私は仁くんの決断を応援したい気持ちでいました。
少年時代から芸能界という特殊な世界に身を置いていて、一般の同世代の子達には味わえないような貴重な経験がたくさんできたけれど、周りの子が当たり前にやっていたことが自由にできない・・・そんなことも少なくなかったのではないでしょうか。
「今回のことは正直理解に苦しむこともあり、どこかで理解できる部分もあり・・・」と話していた亀ちゃんの言葉が全てを物語っていたのではないかと思います。

いつからか、テレビの中の仁くんを目で追いながら
『楽しそうにしてるかな?』 『笑顔が見られるかな?』と思うようになっていた・・・ということも仁くんの決意を受け入れたいと思った大きな要因だったかもしれません。


なにより仁くんの人生だから。

仁くんが自身で望む道を歩んでいってほしい
そしてそれがKAT-TUNであってほしい・・・そんな気持ちでいました。

半年という期間は語学留学という面では短かったかもしれないけれど、言葉以上に大切なことを得たり、感じたり・・・たくさん吸収して帰ってきてくれたと思います。

仁くん、おかえり。合流してくれてありがとね。
ずっとずっとこの日を待ってたよ。
少し離れたとこから見たKAT-TUNはどうでしたか?
すっごく愛すべき存在だったでしょ?そう思わない?(*^^*)

6人並んで新たな一歩を踏み出したKAT-TUN。
これからもず~~~っと応援してるからね!!



仁くんが復帰することを自分の目でも確認できて、安心と喜びに包まれていた時間が過ぎて・・・そんな気持ちと全く別のところで複雑な想いを抱えるようになってしまいました。

先に言ってしまいますが、この想いは1週間も前に私の中で蒸発して消えてしまっていますし、今は前に進むことができています。

ちょっと近い過去の私のお話。。。

その時の心の動きを正直に綴っていますので、不快に感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。
もし、それでも読んでくださる方がいらっしゃいましたら、「more↓」のほうからお願いします。
 仁くん復帰の喜びの中でも
「ツアーの途中から復帰の挨拶」「ドームではコン自体に参加(かも?)」
ということに何かモヤモヤした思いを感じていました。

ツアー中に帰国することになったのは仕方なかったのかもしれない。
やっぱり語学留学したからには学業優先でしょうし、帰国できるのであれば1日も早くファンに復帰を知らせて、1日も早くファンに直接挨拶を・・と考えてくれたのかもしれません。
でも今回のコンは、皆それぞれいろんな想いを抱きながらチケットを申し込み、参戦していたと思うんです。
私の友人の仁くんファンの中でも
「仁くんがいないコンは辛くて観られない」っていう人もいれば、
「頑張ってる5人の姿は絶対に観たい」っていう想いから参戦を決めた人もいました。
他メンバーのファンも同様にいろんな想いでこのコンに臨んでいたと思うんです。
そんなツアーの途中から・・・ってどうなん?
すでに公演が終わってる名古屋や広島に参戦したファンの気持ちは・・・?
「仁くんがいないコンに参戦するのは辛い・・」という想いから、チケットを取ることができなかったファンの気持ちは・・・?
“そういうめぐり合わせやった”じゃ、あんまりやん。

実際に名古屋や広島に参戦した方々の複雑な想いに触れて、すごく切なくなったし、残念に思いました。
仁くんの復帰ってKAT-TUNの歴史に大きく刻まれる出来事だと思うし、ファンにとってすごく幸せで嬉しいことです。
そして参戦したコンも楽しい思い出になっていることと思います。
そんな嬉しい事にこんな複雑な想いも一緒に思い出として刻まれてしまうファンを生んでしまったことが悲しいなって・・・。

それからもうひとつ・・・
仁くんが復帰してくれてとても嬉しく幸せな気持ちの隣りに、期間限定5人組で頑張ってくれていた5人のことが、とってもとっても愛おしくてしょうがなくって、苦しくなってしまった自分がいました。

メンバー自身から改めて語られた当時の想いや、復帰するにあたっての話し合いの様子の一部を聞いて、5人がどんなに大きな不安やプレッシャーの中で頑張ってくれていたかということを改めて感じるとともに、「棘」「しこり」という言葉が、完全に『過去のもの』として発言しているメンバーと反比例して、私の中に『今、この時』重く響いてしまったのかもしれません。

そんな中チラホラ耳に入ってくる
「やっぱり5人じゃダメっていうことに気づいたんだろう」
この言葉が本当に悲しくて、悔しくて・・・泣けて泣けてどうしようもなくなっちゃったんですよね。

「KAT-TUNは6人!」っていうのと「5人じゃダメ!」っていうのは、同じことのようで全く違うと思うんです。
取りようによっては、間違っていないのかもしれない。
でもやっぱり違う!!!!!

実際私だって「KAT-TUNは6人でKAT-TUN!!」って想っていました。
仁くんが復帰してくれたことが本当に嬉しくて、本当に幸せで、
これからのスーパーKAT-TUNにワクワクしているのも心からの気持ちでした。
それは以前も、今も、そしてこれからも変わらないことです。

でもそんな確かな想いの隣りで、どうしようもないモヤモヤが頭をもたげていたことも正直な気持ちでした。

私は期間限定5人組からも充分すぎるくらい幸せをもらっていたし、本当に頑張ってくれていたと思います。今回のコンではそんな5人に心からの「ありがとう」と「大好き」という想いが伝わるといいなって思っていました。
でも今は思います。

一番伝えたかったのは「大丈夫だよ」っていう想いだったのかもしれないって。

「仁くんがいない寂しさはずっと心にあるし、6人のKAT-TUNに逢いたいっていうことも正直な気持ち・・・でも私は期間限定5人組なカツンからいっぱいいっぱい幸せもらって・・・だから、今、こんなに嬉しい気持ちでココにいるんだよ・・・大丈夫だからね」
そう伝えたかったのかもしれません。
そんな想いから素直に受け入れることができなかったんだと思います。

そして「5人じゃダメ」という言葉に囚われていた私は「喜びの歌」を「録り直す」ということさえも抵抗を感じるようになっていました。
最初にスポーツ新聞の記事でこの話を知ったときには
『6月6日に6人で「喜びの歌」なんて!!!サプライズ好きなジャニさん最高!』って嬉しくなってお友達に喜びメールしたりしてたのに・・・。
『録り直すんやったら最初から仁くんもレコーディングしたらよかったのに。海外でもできるやん。復帰より前に仁くんの声が入ったらサプライズ感が減るとでも!?』なんてね。
完全に負の感情に囚われてましたね(苦笑)

そんなことがアタマの中をグルグル駆け巡っていた先週末、ずっとセカンドアルバムを聴くことしかできませんでした。

宮城コンでの様子をお友達のブログやニュースで知って、メンバーみんな本当に楽しそうに嬉しそうに6人でステージに立っていたことが伝わってきて・・・みんな前を向いて進んでいるのに、こんな風に後ろ向いてる自分に嫌気がさしたり・・・でもその隣りにはそんな様子を知って嬉しい自分も確かにいて・・・とにかくアタマの中がゴッチャゴチャでした。

でもね、月曜日のWSで実際にステージに立つ6人の姿を観た瞬間、このゴチャゴチャした気持ちがス~~ッと蒸発していったんです。
ホントにあっという間に。
心の中のどこもかしこも「KAT-TUNが、6人が大好き」という想いで満たされていきました。

仁くんの留学による活動休止は、とても大きな試練にもなったけれど、結果的にみんなを大きく成長させて、その結束を強めてくれたんだね。
みんなとってもいい顔をしてた・・・
ここには確かな絆があるんだって、繋がっているんだって、伝わってきた・・・。

この大きな試練を6人で意味のあるものにしたんだよ。

ロクーンでいてくれて、本当にありがとう。

今、ここにいてくれるKAT-TUNが大好き。


この瞬間、私の心はみんなと一緒に前を向くことができたような気がします。
私の心に落とされていた暗くてモヤモヤした影は、ロクーンが放つヒカリに照らされて蒸発してしまったみたいです。

同じファンでもそれぞれの感じ方があるし、ファンとそうでない人に温度差があるのも当たり前のことなんですよね。
私はKAT-TUNのことが大好きで、彼らからたくさんの幸せをもらっている。
いつも見てる分、彼らひとりひとりの魅力をいっぱい知ってる。
そしてそれがひとつに集まった時、ひとりひとりの放つヒカリの融合がどれほど心地よく私達を魅了してくれるかってこともよ~~くわかってる。
それでいいやん。それが全てやん。

「喜びの歌」についても
『きっとレコーディングした頃には仁くんが復帰することが決まっていただろうから、みんな唄いながら「この曲に赤西の声が加わったらどんな風になるかな~♪」とか思ってたんじゃないかな?6人での「喜びの歌」をとっても楽しみにしてるんだろうな~♪』
と今なら素直に思えます。
先に仁くんの声が入っていたら「復帰か!?」ってまたマスコミが騒ぎ出して、仁くんが大変なことになっちゃうよね。
そんなこと、わかってたのに。ごめんね。。。
6月6日、6人の「喜びの歌」楽しみにしてるよっ(*^^*)


仁くんが参加できなかった名古屋・広島に参戦した方は、釈然としない気持ちのままかもしれません。今でもその部分は残念に思います。
でも私の勝手な気持ちですが、期間限定5人組を最初から最後までめいいっぱい楽しんでくださったこと、5人にとってすごくチカラになったんじゃないかなって思うんです。
やっぱり初めての5人でのライブに不安はあったと思うし。
「赤西がいなくてもやれる」とかそういうことではなくって・・・うん・・・5人の中ですごく大きなことやったと思います。
だから5人も、そして仁くんも、とっても感謝しているんじゃないかな?
そして、ちょっと変かな・・・私も感謝の気持ちでいっぱいなんです。
そんな風に思っているファンもいたっていうことも思い出の片隅に置いていただけたら嬉しく思います(#^.^#)


なんだか支離滅裂で伝わりにくかったかもしれませんが
これが私の心の動きの全てです。
不快に感じられた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんでした。

これからも今まで以上にカツンを愛し、応援していきたいと思います!
“スーパーKAT-TUN”となって、さらに飛躍するロクーン!
楽しみにしてるからね!!



いろいろ悩んだ反動でしょうか?

今、KAT-TUNが大好きで大好きで
どうにも止まりませんっ!!(笑)


長文にお付き合いくださってありがとうございました。




     ↑
WEB拍手です♪
拍手というより「読んだぞー」という足跡のようなお気持ちでぽちっとしてくださったら嬉しいです(*^^*)
名前やメールアドレスを記入することなく一言メッセージを送信することもできますのでお気軽にどうぞ♪



☆ジャニーズブログランキング☆

       ↑
こちらも再参加しました!ぽちっとしていただけたら嬉しいです♪


スポンサーサイト
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : KAT-TUN |

COMMENT

初めまして!亀ちゃん&KAT-TUNファンのミナコと申します。

私も、仁くんの復帰はものすごくうれしかったのですが、ツアーの途中からの復帰など、どこか違うような、なにか納得できないものがあるような感じがしました。
 今回のツアーは仁くんがいない間、5人がいろんなことを頑張って作り上げてきたもの。その途中から参加するのはどうなんだろう?そして、4月22日の宮城公演に参加したのですが、アンコールのとき、会場からは仁コールが・・・。私は思いっきり楽しませてくれた5人のステージをまだ見たい!!だからアンコールを!!!と思ったのですが・・・5人もどんな風に思うんだろう?と複雑な気持ちでした。
 でも、6人で歌うKAT-TUNがあまりにもうれしそうで、楽しそうで、ぐちゃぐちゃ考えていたことが吹っ飛んでしまいました!そして、復帰会見や亀ちゃんのカツマニュをみて、5人が6人であることを望み、これまで5人でやってきたことは消えるのではなく、それも含めまた、仁くんが得たものも含め、さらに進化したKAT-TUNになるのだと、納得しました。今回のアルバムの曲は今の彼らの気持ちが出ているのかなと感じます。
 やっぱりKAT-TUNはいいグループですね☆外見がかっこいいのはもちろん、中身も抜群にかっこいい!
 いろいろうまく書けないですが、KAT-TUN大好き!!これからも応援したい!!と思います。

長々と失礼しました。いろいろ書きましたが、私もハルカさんのように感じるところがあったので、コメントさせていただきました。
またお邪魔させていただきたいと思います☆
2007/05/03(木) 22:20:33 | URL | ミナコ #-[編集]
ハルカちゃんのモヤモヤに気が付いてあげれなかった。
ごめんね。
今回の仁の魂参加にあたって、
モヤモヤした気持ちを持ってる友達がたくさんいたよ。
カツンを愛してるからこそ、モヤモヤがあったんだと思う。
5人になったカツンの辛さを考え笑顔で仁を送り出したカツンを称え、そして自分らも寂しさに耐えてきて、でもいきなり仁が帰国して、なんだか中途半端んぱな魂の参加の仕方になってるから、どうしていいか、わかんない感じになっちゃったんだよね。
5人で頑張ったカツンが可哀想でしょうがないんだよね。

でも、それでも、みんな前に進んでいくわけだしね。
ハルカちゃんも、色んな思いを、やっと消化できて、ロクーンに向き合えたんやね。
あたしは、あまりに単純脳だから、仁が居なくて寂しい、帰国して嬉しい、みたいな思いしか無かったけど、ハルカちゃんみたいな思いをしたファンがたくさん居たんだろうなって思うと、みな真剣にカツンを思い、カツンを考えてるんだなあって感動だった。

こんなに真剣な思いのファンがたっくさん居るカツンは幸せなグループだよね。

そんな彼らに早く会いたいよお。
6月が待ちどおしいよ。
でも豆粒は嫌や。笑。
2007/05/07(月) 15:37:31 | URL | mi #-[編集]
コメントありがとうございます!
ミナコさん、はじめまして!
お返事が遅れてしまって本当に申し訳ありませんでした。
コメントいただけてとっても嬉しかったです(*^^*)

ミナコさんは宮城コンに参加していらっしゃったんですね。
>「思いっきり楽しませてくれた5人のステージをまだ見たい!」
と想われるくらい、すばらしいステージだったんですね~。
そんなファンの想い、5人にも伝わっているんじゃないかなと思います。
期間限定5人組として最高のステージを創りあげ、そして再び6人でステージに立てたこと、すごく幸せだったんじゃないでしょうか(#^.^#)
私は1分足らずの映像を観て、ロクーンにすべてのモヤモヤを吹き飛ばされてしまうくらいだったので、実際に参加していらしたミナコさんは、気持ちいいくらいスパッと吹き飛んでしまったのではないかと想像しております(笑)

ミナコさんのおっしゃるとおりですね!
仁くんの留学中、5人はただ待ってたわけではなく常に進んでいた・・・その間刻んだ足跡はカツンのこれからに繋がっているんですよね。
もちろん留学中に仁くんが得たものもすべて、カツンの未来へ繋がっているんだって私も思います!
本当にステキなグループですよね!!
そしてこれからはスーパーKAT-TUNへと進化していくそうですから!
ますます目が離せませんね~♪(ファンになってから離したことありませんけども。笑)

コメントいただけてとってもとっても嬉しかったです。
スローペースでいつ更新するかわからないようなブログですがよろしかったらまた遊びにいらしてくださいね!
同じ亀ちゃん&KAT-TUNファンのお仲間としていろいろお話させていただけたら嬉しいです♪


2007/05/14(月) 00:58:13 | URL | ミナコさんへ@ハルカ #c25PVKvg[編集]
コメントありがとうございます!
コメントありがとう!!
お返事が遅くなってホンマにごめんなさい。

そんなそんな!!i-201
気にしてくれることないのよっ。
こんな自分が嫌でむしろ悟られまいとしてたくらいやったから~。
でも、ありがとね。もう大丈夫!

私のモヤモヤした想いを「カツンを愛してるからこそ」って言ってもらえて、救われた気持ちになったよ。すっごく嬉しかった。
ホンマにありがとう!!
私もね、(自分のことはさておき)みなさんの話を聞かせてもらったり、読ませてもらったりして同じように感じたよ。
それぞれいろいろな感じ方や考え方で今回のことを受け止めているけれど、すべてがカツンへの愛からはじまっている想いなんだってすごく感じた。
miさんのように素直に受け入れられたことも、まさしく、愛。
miさんは決して単純なわけではなくて、意識してない心の深いところで、すべてを包み込んでいたんじゃないかな・・・。
だからロクーンでいてくれることに素直に幸せを感じられたんやと思う。

ホンマホンマ!KAT-TUNって愛されてるよね!!
あと1ヶ月もないよ~~~。
早く逢いたいね~~~~~!!!
せめてかっぱえびせん大くらいにはみえてほしいな(笑)
2007/05/14(月) 01:36:46 | URL | miさんへ@ハルカ #c25PVKvg[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Profile

ハルカ

Author:ハルカ
この年にしてジャニーズの世界にどっぷりハマっちゃった自分に驚きながらも楽しく過ごしております。
こんな壊れ気味の私ですがお友達になっていただけたら嬉しいです♪
お気軽にコメント残していってくださいな!小躍りして喜びます♪♪


Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Comment


Category


Archives


Link

このブログをリンクに追加する


お留守番♪


ジャニーズ最新情報


Mail Form

メールくださいな♪

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


ブログ内検索


Copyright © lovely tone All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。